April 24, 2020 / 5:35 AM / a month ago

中国、初の火星探査任務を「天問1号」と命名

 4月24日、国営新華社通信によると、中国国家航天局(CNSA)は24日、同国初の火星探査任務を「天問1号」と命名した。写真は中国の火星探査の着陸船。河北省で昨年11月撮影(2020年 ロイター/Jason Lee)

[北京 24日 ロイター] - 国営新華社通信によると、中国国家航天局(CNSA)は24日、同国初の火星探査任務を「天問1号」と命名した。この日は、1970年4月24日に中国が初の人工衛星「東方紅1号」を打ち上げてから50周年にあたる。

紀元前4世紀ごろの詩人、屈原の詩にちなんで名付けられた。今後の中国の宇宙探査計画は全て「天問」を冠することになる。

中国は、無人火星探査機の年内打ち上げを予定している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below