for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米FAA、スペースXの次世代宇宙船打ち上げを承認

 米連邦航空局(FAA)は4月29日、同国宇宙企業スペースXの次世代宇宙船「スターシップ」試作機の今後3回の打ち上げを承認した。また、FAAのディクソン長官が先月、スペースXのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)に安全性に関して話し合ったことを認めた。写真はスターシップの試作機「SN9」の打ち上げ、2月にテキサス州ボカ・チカで撮影(2021年 ロイター/Gene Blevins)

[ワシントン 29日 ロイター] - 米連邦航空局(FAA)は29日、同国宇宙企業スペースXの次世代宇宙船「スターシップ」試作機の今後3回の打ち上げを承認した。また、FAAのディクソン長官が先月、スペースXのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)に安全性に関して話し合ったことを認めた。

FAAは、スペースXが12月の打ち上げに向けた調査を踏まえた是正措置を実施したことを、打ち上げ前に検証する。

また、その後行われる2回の打ち上げについては、スペースXに対して「新たな調査が行われた場合、追加の是正措置を課す可能性がある」と指摘した。

スペースXは、将来的な月や火星への任務で、人や100トンの貨物を運ぶために開発中の大型ロケットの試作機を相次いで実験している。最初の軌道向け宇宙船の飛行は年末に計画している。

米航空宇宙局(NASA)は今月、2024年にも宇宙飛行士を月面に運ぶための宇宙船建設について、スペースXと29億ドルで契約した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up