July 23, 2019 / 11:02 PM / a month ago

天の川銀河、100億年前に別の銀河と衝突合体=論文

 太陽など何十億もの星が属する天の川銀河は、約100億年前の巨大な衝突により別の小さな銀河と合体したとの論文が、22日に発表された。ガイア宇宙望遠鏡のデータに基づくもの。提供写真は、左が100億年前、右が現在の天の川銀河の姿。Courtesy Instituto de Astrofisica de Canarias/Handout via REUTERS(2019年 ロイター)

[ワシントン 22日 ロイター] - 太陽など何十億もの星が属する天の川銀河は、約100億年前の巨大な衝突により別の小さな銀河と合体したとの論文が、22日に発表された。ガイア宇宙望遠鏡のデータに基づくもの。

科学誌ネイチャー・アストロノミーの掲載論文によると、天の川銀河(銀河系)と、「矮小(わいしょう)銀河」と呼ばれる「ガイア・エンケラドス」が合体したことで、銀河系の質量は約25%増加。星の形成が加速する期間が約20億―40億年続いた。論文はスペインのカナリア天体物理研究所の天文学者カルメ・ガヤルト氏を中心とする科学者が執筆した。

天の川銀河をはじめとするさまざまな種類の銀河は、約138億年前、宇宙が誕生したビッグバンの直後から形成され始めたが、現在見られるものよりも全体的に小さく、早いペースで星を形成した。その後の銀河の合体で現存の銀河の形成につながった。

研究では、欧州宇宙機関(ESA)のガイア宇宙望遠鏡を使って、太陽から6500光年以内にある約100万個の恒星の位置や明るさ、距離などを高精度で測定。その結果、銀河の合体前と合体後にできた恒星を特定することができたという。

天の川銀河は太陽系を含む棒渦巻き状の銀河で、合体のはるか後の約45億年前にできた太陽を含め、1000億―4000億個の星が存在すると考えられている。

*脱字を修正します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below