Reuters logo
米スペースX、NASAの歴史的発射場からISS補給船打ち上げ
2017年2月20日 / 05:15 / 9ヶ月後

米スペースX、NASAの歴史的発射場からISS補給船打ち上げ

[ケープ・カナベラル(米フロリダ州) 19日 ロイター] - 米民間宇宙企業スペースXは19日、米フロリダ州にある米航空宇宙局(NASA)のケネディ宇宙センターから、国際宇宙ステーション(ISS)への物資を積んだ無人宇宙船「ドラゴン」をファルコン9ロケットで打ち上げた。

 2月19日、米民間宇宙企業スペースXは、米フロリダ州にある米航空宇宙局(NASA)のケネディ宇宙センターから、国際宇宙ステーション(ISS)への物資を積んだ無人宇宙船「ドラゴン」をファルコン9ロケットで打ち上げた(2017年 ロイター/Joe Skipper)

ケネディ宇宙センターは、NASAが月に宇宙飛行士を送り出した時にも使われた発射場。全長70メートルのファルコン9は、現地時間午前9時39分(1439GMT)に打ち上げられ、その9分後、ロケットの1段目は同センター近くのケープ・カナベラル空軍基地に再着陸した。再着陸に成功したのは、今回が8回目。

スペースXがフロリダ州からロケットを打ち上げるのは、昨年9月に起こしたロケット爆発事故の後、今回が初めて。ISSへの米宇宙飛行士の輸送をスペースXに委ねる予定のNASAは、この日の打ち上げを注意深く見守った。

NASAは、スペースシャトル計画が終了した後、ISSへの物資運搬をスペースXに委託し、宇宙飛行士の輸送契約をスペースXと米航空機大手ボーイング(BA.N)と結んだ。両社は2018年末までに宇宙飛行士の輸送を始める予定だが、米政府の先週の報告書によると、技術的な問題により、両社で遅れがでているという。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below