February 15, 2018 / 8:35 AM / 9 months ago

スペースXの衛星ブロードバンドサービス展開をFCCが認可

2月14日、米連邦通信委員会は、イーロン・マスクCEOが率いる米宇宙ベンチャー企業、スペースXに対し、衛星を使ったブロードバンドサービスの米国内外での展開を認可した。写真は2017年6月、米フロリダ州ケネディ宇宙センターから打ち上げられるスペースXファルコン9ロケット。NASA提供(2018年 ロイター)

[ワシントン 14日 ロイター] - 米連邦通信委員会(FCC)は14日、イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が率いる米宇宙ベンチャー企業、スペースXに対し、衛星を使ったブロードバンドサービスの米国内外での展開を認可した。

FCCのアジット・パイ委員長は声明で「衛星技術は、光ファイバーも携帯電話の基地局もない地方やへき地で米国民を助けてくれるだろう」と述べた。

スペースXは2月1日FCCに対し、大型ロケット「ファルコン9」に試験衛星を搭載する計画を申請し、認められた。ロケットは17日に米カリフォルニア州で打ち上げられる。

スペースXは6日に、大型ロケット「ファルコンヘビー」の試験打ち上げに成功していた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below