March 29, 2019 / 9:42 AM / 3 months ago

スペイン第4四半期GDPは前年比+2.3%、14年第4四半期以来の低成長

[マドリード 29日 ロイター] - スペイン国家統計局が発表した2018年第4・四半期の国内総生産(GDP)確報値は前期比0.6%増、前年比2.3%増で、ともに速報値から下方改定され、市場予想を下回った。

速報値は前期比0.7%増、前年比2.4%増。市場予想は速報値と同じだった。

前年比の伸び率は、2014年第4・四半期以来の低水準。内需が2.5%ポイント分寄与したが、外需が0.2%ポイント押し下げた。

2018年は2.6%成長で、17年の3.0%から減速し2014年以来の低成長となった。

スペイン中銀は、第1・四半期のGDPを前期比0.6%増と予想しているが、成長は減速していき2019年全体では2.2%に鈍化するとみている。

国家統計局は、18年第3・四半期のGDPについて、前期比を0.6%増から0.5%増に、前年比は2.4%から2.5%増に改定した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below