June 8, 2020 / 1:37 PM / a month ago

スペイン経済、第2四半期は最大21.8%のマイナス成長=中銀

スペイン中央銀行は8日、新型コロナウイルス感染拡大を受け、スペイン経済は第2・四半期は過去最悪となる16─21.8%のマイナス成長に陥る恐れがあるとの見通しを示した。写真はマドリードで無料の食料配給に並ぶ人たち。2日撮影(2019年 ロイター/NACHO DOCE)

[マドリード 8日 ロイター] - スペイン中央銀行は8日、新型コロナウイルス感染拡大を受け、スペイン経済は第2・四半期は過去最悪となる16─21.8%のマイナス成長に陥る恐れがあるとの見通しを示した。ただ下半期には回復し始めるとした。

中銀は声明で「第2・四半期は新型コロナウイルス感染拡大抑制策の影響を長く受け、経済は著しく縮小する」とした。

スペイン経済の第1・四半期の成長率はマイナス5.2%。中銀は下半期には経済は回復し始めるとの見通しを示しながらも、今年は9─11.6%のマイナス成長に陥るとの見方を示した。ただ従来予想のマイナス9.5─12.4%からは若干の上方修正となる。

ただ、「新たな感染が集中的に拡大」し、追加的な厳しい感染拡大抑制策の導入を余儀なくされる厳しいシナリオの下では、今年は最大15.1%のマイナス成長に陥る恐れがあるとの見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below