for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スペイン、21年GDP見通しを6.5%増へ下方改定 第1四半期縮小で

[マドリード 9日 ロイター] - スペインのカルビニョ経済相は9日、2021年の国内総生産(GDP)見通しを前回の7.2─9.8%増から6.5%増へ下方改定した。新型コロナウイルス危機により経済が第1・四半期に縮小したことや、欧州連合(EU)復興基金の支給が遅れる見通しを勘案した。

スペイン経済は国外からの観光客に大きく依存しており、新型コロナのパンデミック(世界的大流行)による最初の1年間の打撃がほかの先進国より大きかった。20年のGDPは10.8%減だった。

21年は最初の2カ月間、新型コロナ感染の第3波に見舞われた。1月はスペインの大半が大雪となり経済活動に支障をきたした。

カルビニョ経済相は「回復は1四半期後ずれしている」と話した。ただ21年下半期は経済が力強く伸びるとの見通しを示した。

カルビニョ氏は、世界的に新型コロナのワクチン接種が進む中、スペイン経済が22年に7%増加し、同年末までにGDPがパンデミック前の水準に戻るとの見方を示した。23年は3.5%増、24年は2.1%増と試算。

スペインが向こう3年間で支給される予定の1400億ユーロ(1664億ドル)のEU復興基金が経済を一段と押し上げる見通しだが、復興基金の効果は22年まで表れない見込みだ。

スペインやその他のEU加盟国は、復興基金を通した投資計画の承認を欧州委から得る過程が複雑であると指摘してきた。

サンチェス首相は14日に、スペインの復興計画を発表する。EUで復興計画を最も早く提出する国の一つだ。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up