October 3, 2019 / 8:15 AM / 20 days ago

スペインのサービスPMI、9月は53.3に低下

[マドリード 3日 ロイター] - IHSマークイットが発表した9月のスペインのサービス部門購買担当者景気指数(PMI)は53.3に低下した。

販売の伸びが鈍化した。製造業の低迷がサービス業に波及した可能性がある。

8月は5カ月ぶり高水準の54.3だった。同指数は2013年10月以降、一貫して好不況の分かれ目となる50を上回っている。

IHSマークイットの経済ディレクター、ポール・スミス氏は、第3・四半期の国内総生産(GDP)伸び率が第2・四半期並みの0.4%前後になると予想。「スペインはユーロ圏内では引き続き相対的に高成長国の1つとなる公算が大きいが、約3年ぶりの低い伸びとなる」と指摘した。

内需主導で新規のビジネスが増えた。外需は世界経済の低迷や英国の欧州連合(EU)離脱を巡る政治・経済の不透明感が重しになったという。

先行きへの楽観度を示す指数は59.1に小幅上昇。前月は過去6年あまりで最低の水準となっていた。

雇用指数も51.7と、前月の51.5から小幅上昇。同指数は過去5年間、50を上回っている。

今週発表となった9月のスペイン製造業PMIは47.7と、6年半ぶりの低水準となった。[nL3N26M20O]

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below