September 4, 2019 / 8:53 AM / in 17 days

スペインのサービスPMI、8月は54.3 5カ月ぶり高水準

[マドリード 4日 ロイター] - マークイットが発表した8月のスペインのサービス部門購買担当者景気指数(PMI)は54.3と、5カ月ぶりの高水準となった。

国内を中心に需要が拡大した。ただ前月上昇した雇用指数は再び低下した。

サービス部門PMIは2013年10月以降、一貫して好不況の分かれ目となる50を上回っている。前月は52.9だった。

IHSマークイットの経済ディレクター、ポール・スミス氏は「今年第3・四半期のスペインは、引き続き欧州の高成長国の1つとなる公算が大きい。国内総生産(GDP)伸び率は0.5%前後で横ばいとなるもようだ」と述べた。

ただサービス部門の雇用指数は51.5と、前月の53.5から低下した。外需が悪化する中、将来の生産に対する懸念が浮上していることが背景という。前月の雇用指数は36カ月ぶりの低水準から回復していた。

サービス部門の先行きへの楽観度を示す指数は58.2と、過去6年あまりで最低だった。

2日発表の8月の製造業PMIは小幅に上昇したものの、3カ月連続で50を下回った。[nL3N25T1XB]

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below