February 1, 2018 / 8:49 AM / 8 months ago

1月スペイン製造業PMIは55.2、新規受注と雇用好調で高水準維持

[マドリード 1日 ロイター] - マークイットが発表した1月のスペイン製造業購買担当者景気指数(PMI)は55.2と前月の55.8から小幅低下したものの、 高水準を維持した。新規受注と雇用の増加が寄与した。

PMIは2013年11月以降、景況改善・悪化の分かれ目となる50を上回っている。

IHSマークイットのアソシエイト・ディレクター、アンドリュー・ハーカー氏は「年初のスペイン製造業は昨年末と同様の状況が続いている。すなわち新規受注の堅調な増加が生産と雇用の大幅増につながっている」と指摘した。

また景況感の改善は、製造業の企業が現在の景気拡大局面の持続性を疑う理由はないとみていることを示していると分析した。

雇用指数は56.7。前月は57.0だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below