November 10, 2019 / 11:24 PM / 4 days ago

スペイン再選挙、極右が第3勢力に躍進 与党は過半数届かず

[マドリード 10日 ロイター] - スペインで10日投開票された今年2度目の総選挙(下院、定数350)で、極右政党ボックス(VOX)が4月の選挙の倍以上の議席を獲得した。サンチェス首相率いる穏健左派の社会労働党(PSOE)は第1党を維持したものの、議席は減らし、過半数にはさらに遠い状況となった。組閣に向け各党間の協議が再び難航する可能性がある。

開票率95%以上の時点で、第2党は中道右派の国民党(PP)、VOXが第3党。VOXの獲得議席は52前後とみられ、4月に獲得した24から倍以上に拡大する。投票率は前回より低く、有権者の選挙疲れが鮮明になった。

スペインは、フランコ総統による独裁時代の記憶から長らくナショナリストの台頭とは無縁だった。しかし政治の混迷に対する怒りとカタルーニャ州独立問題がVOX躍進のきっかけとなっている。

暫定結果によると、社会労働党の得票率は28%超にとどまり、4月の123から120程度に議席を減らす見込み。

サンチェス首相は4月の総選挙後に連立政権樹立に失敗。野党間でも合意が成立せず、首相が与党勢力の維持・拡大を目指して再選挙に打って出た。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below