February 13, 2019 / 3:44 PM / 5 months ago

スペイン議会、2019年予算案を否決 解散総選挙の可能性

[マドリード 13日 ロイター] - スペイン議会は13日、2019年予算案を否決した。これにより、議会が解散され総選挙が実施される可能性がでてきた。

スペイン政府筋は12日、ロイターに対し、予算案が否決されれば、サンチェス首相が総選挙実施を発表する計画で、日程は4月14日もしくは28日になる可能性があると述べていた。[nL3N2074T4]

議会で、与党・社会労働党は4分の1弱の議席しか持たず、予算を可決させるためには、カタルーニャ州の中小政党などの支持を必要としていた。

しかし、カタルーニャ州の政党は、独立問題などの検討もしくは協議を政府が拒んだことを不服とし、採決で中道右派や保守派とともに反対票を投じた。

結局、19年予算案は、反対191、賛成158、棄権1の反対多数で否決された。

複数の政府筋は13日、解散総選挙がいつ発表されるか、わからないと述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below