Reuters logo
プチデモン氏、12月のカタルーニャ議会選挙実施を受け入れ
2017年10月31日 / 14:01 / 24日後

プチデモン氏、12月のカタルーニャ議会選挙実施を受け入れ

[ブリュッセル/マドリード 31日 ロイター] - スペイン・カタルーニャ自治州の首相を解任されたプチデモン氏は31日、ベルギーのブリュッセルで会見を開き、中央政府による12月21日の州議会選挙実施を受け入れると表明した。同氏が選挙実施を受け入れたことで、カタルーニャ独立問題は中央政府の優勢ぶりがあらためて浮き彫りとなった。

プチデモン氏はスペイン検察により国家反逆罪や扇動罪などで起訴されているが、ベルギーへの亡命は求めていないと言明。中央政府の「保証」が得られればカタルーニャに戻るとした。

同氏は「カタルーニャの人々へ、長い道のりに備えるよう求める。民主主義はわれわれの勝利の基礎となるだろう」と語った。

独立賛成派の指導部が混乱するなか、今週に入り、中央政府による直接統治への目ぼしい抗議活動は起きていない。スペインの憲法裁判所は31日、州の独立宣言の無効を言い渡した。中央政府は12月の選挙でのプチデモン氏の出馬を歓迎する意向を示している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below