October 18, 2019 / 1:09 AM / a month ago

11月スペイン再選挙、第1党の社会労働党は過半数困難=調査

 10月17日、17日付スペイン・ムンド紙に掲載された調査会社シグマ・ドスの世論調査では、11月の再選挙を控えて第1党である社会労働党の支持率が低下し、右派も左派も過半数を獲得できない見通しであることが分かった。写真は社会労働党のペドロ・サンチェス党首。14日にマドリッドで撮影(2019年 ロイター/Sergio Perez)

[マドリード 17日 ロイター] - 17日付スペイン・ムンド紙に掲載された調査会社シグマ・ドスの世論調査では、11月の再選挙を控えて第1党である社会労働党の支持率が低下し、右派も左派も過半数を獲得できない見通しであることが分かった。

社会労働党のペドロ・サンチェス党首は9月、急進左派政党・ポデモス連合(UP)との連立政権樹立を拒否して11月10日の再選挙を発表。調査では、社会労働党が再び第一党となる見通しだが、定数350のうち獲得できるのは122議席で、4月に行われた前回選挙の123議席を下回る見通しとなっている。

ポデモスは、前回の42議席から33議席となる見通し。

一方、保守派の国民党(PP)は66議席から98議席へと大幅に増やす予想となった。

極右のボックスは24議席から34議席に増やし、第3党に躍進する見通し。

中道右派のシウダダノスは、57議席から19議席へと大幅な減少が予想されている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below