June 19, 2018 / 12:37 AM / a month ago

近く解散総選挙を行う可能性低い=スペイン新首相

[マドリード 18日 ロイター] - スペインのサンチェス新首相は18日、議会を解散して総選挙を実施する可能性は低いとし、現在の議員の任期が切れる2020年に次の総選挙を行うことを望む考えを示した。

 6月18日、スペインのサンチェス新首相は、議会を解散して総選挙を実施する可能性は低いとし、現在の議員の任期が切れる2020年に次の総選挙を行うことを望む考えを示した。写真は6日、マドリードで会見する同新首相(2018年 ロイター/Susana Vera)

サンチェス氏は今月1日、ラホイ前首相に対する不信任決議案が可決されたことを受けて首相に就任。サンチェス氏が率いる社会労働党の議席数が議会全体(定数350)の4分の1以下にとどまる中、近く解散総選挙が実施されるとの見方が大勢を占めていた。

新首相は18日、就任後初となる国営放送TVEのインタビューで「現在の任期が終わるまで政権を継続し、2020年に次の総選挙を実施することを望む」と語った。

また、独立問題で揺れる北東部カタルーニャ自治州の代表と近く会談するとも述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below