March 17, 2015 / 7:12 AM / 4 years ago

スペインの「世界一怖い遊歩道」、改修経て14年ぶり開通へ

 3月15日、スペイン南部マラガ近郊で、峡谷にある「世界一怖い歩道」と呼ばれる遊歩道が、改修を経て14年ぶりに開通することが明らかになった(2015年 ロイター/Jon Nazca)

[15日 ロイター] - スペイン南部マラガ近郊で、峡谷にある「世界一怖い歩道」と呼ばれる遊歩道が、改修を経て14年ぶりに開通する。

「カミニート・デル・レイ」(「王の小道」の意味)は長さ約3キロメートルで、1901─05年に建設された。5人の死者が出たことを受け、2001年に閉鎖されていた。

遊歩道は28日に一般向けに開通する。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below