Reuters logo
ハリウッドが撮った戦争、スピルバーグ氏がドキュメンタリー監修
March 29, 2017 / 5:24 AM / 9 months ago

ハリウッドが撮った戦争、スピルバーグ氏がドキュメンタリー監修

[28日 ロイター] - 米ハリウッドを代表する映画監督が第二次世界大戦をどう描いたかを追ったドキュメンタリー「伝説の映画監督 ─ハリウッドと第二次世界大戦─」がスティーブン・スピルバーグ監督の監修で製作され、28日にニューヨークでプレミア上映会が開催され、スピルバーグ監督や原作者のマーク・ハリス氏らが参加した。

 3月28日、米ハリウッドを代表する映画監督が第二次世界大戦をどう描いたかを追ったドキュメンタリー「伝説の映画監督 ─ハリウッドと第二次世界大戦─」がスティーブン・スピルバーグ監督(写真)の監修で製作され、ニューヨークでプレミア上映会が開催された。スピルバーグ監督や原作者のマーク・ハリス氏らが参加した。写真は昨年5月撮影(2017年 ロイター/Yves Herman)

同作品は、31日からネットフリックスで公開される。

2014年に発表されたマーク・ハリス氏の同名の著作を基にしたこのドキュメンタリーは、第二次大戦の悲惨な現実を伝えたジョン・フォード、ウィリアム・ワイラー、ジョン・ヒューストン、フランク・キャプラ、ジョージ・スティーブンスの5人の映画監督たちの功績を、現代の映画界を代表する5人が振り返る。

スピルバーグ氏のほか、フランシス・フォード・コッポラ、ギレルモ・デル・トロ、ポール・グリーングラス、ローレンス・カスダンら5人の監督が出演し、ナレーションはメリル・ストリープが務めている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below