November 26, 2019 / 2:19 AM / 15 days ago

五輪=WADAがロシアのデータ改ざん認定、今後4年間除外も

[25日 ロイター] - 世界反ドーピング機関(WADA)は25日、ロシアによるドーピング検査のデータ改ざんが認定されたとし、今後4年間、同国を五輪や世界選手権から除外するべきとの見解を示した。

WADAのコンプライアンス審査委員会(CRC)がロシアによるデータ改ざんを認定。処分については12月9日にパリで開かれる常任理事会で協議されるという。

CRCは26ページに及ぶ報告書で、調査の結果、モスクワの検査所から回収されたデータが不完全で信頼できるものではなかったことが判明したとし、ロシア反ドーピング機関(RUSADA)には信頼性がないと結論づけた。

4年間の除外処分となった場合、ロシアは2020年の東京五輪、2022年に北京で行われる冬季五輪に出場できなくなる。しかし不正に関与していないことを証明できる選手は、2018年の平昌冬季五輪同様、個人資格で参加できるという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below