November 29, 2019 / 3:19 AM / 12 days ago

ドーピング=ロシア、五輪諦めず WADAの処分勧告「極端」

 ロシア・オリンピック委員会(ROC)のスタニスラフ・ポズドニャコフ会長は28日、国ぐるみのドーピング違反に絡む検査データ改ざん問題で同国に五輪などの国際大会に4年参加禁止処分を下される可能性があるなか、来年行われる東京五輪への準備を進めていると語った(2019年 ロイター/Evgenia Novozhenina)

[モスクワ 28日 ロイター] - ロシア・オリンピック委員会(ROC)のスタニスラフ・ポズドニャコフ会長は28日、国ぐるみのドーピング違反に絡む検査データ改ざん問題で同国に五輪などの国際大会に4年参加禁止処分を下される可能性があるなか、来年行われる東京五輪への準備を進めていると語った。

世界反ドーピング機関(WADA)のコンプライアンス審査委員会(CRC)は、ロシアによるドーピング検査のデータ改ざんを認定。今後4年間、同国を五輪や世界選手権などの主要大会から除外すべきとの見解を示した。

WADAの実行委員会が12月9日にこの処分案を承認した場合、ロシアは国家として東京五輪に参加できなくなるが、ポズドニャコフ会長はモスクワの年次総会で「ロシア国旗の下で東京で戦うため、あらゆる手を尽くす」と語った。

また、同会長は報道陣に対し、今後4年間の参加禁止処分の勧告については「その措置は極端であり、不適切で間違っていると考えている」と批判した。

WADAは潔白が証明されたロシア選手に関しては、2018年平昌冬季五輪と同じように個人資格での出場を認める方向で進めており、国際オリンピック委員会(IOC)は今週、その方針に歓迎の意を表した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below