December 9, 2019 / 3:57 PM / 8 months ago

ロシア、東京五輪など主要大会4年間出場禁止 ドーピング問題で

世界反ドーピング機関(WADA)は9日、ロシア選手団を2020年東京五輪・パラリンピックや2022年サッカー・ワールドカップ(W杯)など主要な国際大会から4年間排除することを決めた。ソチで2014年月撮影(2019年 ロイター/Jim Young)

[ローザンヌ/モスクワ 9日 ロイター] - 世界反ドーピング機関(WADA)は9日、ロシア選手団を2020年東京五輪・パラリンピックや2022年サッカー・ワールドカップ(W杯)など主要な国際大会から4年間排除することを決めた。

ロシアがドーピング検査で陽性反応が出た自国選手に関するデータを改ざん・削除した問題を受けた措置。また、ロシアが今後4年間にわたり主要国際大会を主催することもできないという。

WADAのリーディー会長は「ロシアによるドーピングはあまりにも長い間、公正なスポーツを損なってきた」と非難。「ロシア反ドーピング機関(RUSADA)による露骨な違反には、まさにきょうの決定のような強力な対応が必要だった」と説明した。

一方、ロシアのコロブコフ・スポーツ相は「この状況を解決するためにできることは全てやった」と語った。

処分を受け、ロシアは来年の東京五輪や22年サッカーW杯カタール大会に国として参加できなくなる。ただ、WADAコンプライアンス審査委員会によると、個人資格で参加できる可能性もあるという。

国際オリンピック委員会(IOC)はWADAの処分を全面的に支持すると述べた。

東京五輪・パラリンピック組織委員会は「全ての国と地域のアスリートがアンチ・ドーピング規則を順守の上、五輪・パラリンピックに参加できることを望みたい」とし、「引き続き諸関係機関と連携し、ドーピング防止対策に万全の準備を進めたい」というコメントを発表した。

ロシアは14年ソチ冬季五輪で国ぐるみのドーピング違反が認定され、昨年の平昌冬季五輪で国としての参加が認められなかった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below