for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

F1=メルセデス技術ヘッド、ハミルトンへの罰は「厳しい」

 自動車レースF1のメルセデスの技術責任者ジェームズ・アリソン氏は、18日の英国GP決勝でルイス・ハミルトン(写真)が受けた10秒ペナルティーは厳しいものだったと述べた。英シルバーストーンで18日に撮影(2021年 ロイター)

[ロンドン 21日 ロイター] - 自動車レースF1のメルセデスの技術責任者ジェームズ・アリソン氏は、18日の英国グランプリ(GP)決勝でルイス・ハミルトン(英国)が受けた10秒ペナルティーは厳しいものだったと述べた。

ハミルトンは1周目に高速で突入するコプス・コーナーでイン側からレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(オランダ)を抜きにかかったところ、左フロントがフェルスタッペンの右リアに接触。フェルスタッペンはコースアウトしてリタイアし、病院に運ばれて検査を受けた。

アリソン氏はレース後の報告会で、ハミルトンの行動には何も問題はなかったとして、「国際自動車連盟(FIA)の定めるオーバーテイク(追い越し)ガイドに沿ったものだった」と述べた。

その上でアリソン氏は「コーナーの内側から追い越す場合、ガイドでは実質的に横に並ぶことが求められている。前に出ることは求められていないが、ルイスは間違いなく実質的に横に並んでいた。これはルールの問題であり、ルイスがそのルールに対して何か間違ったことをしたとは思えない」と話した。

ハミルトンは10秒ペナルティーを受けたもののレースを制し、個人総合首位のフェルスタッペンとの差を8ポイントに縮めている。レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は「ハミルトンが大きな判断ミスをした」と批判していた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up