for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=チェルシーのルカクが不満、将来のインテル復帰希望

 サッカーのイングランド・プレミアリーグ、チェルシーに所属するベルギー代表ロメル・ルカクが、トーマス・トゥヘル監督のシステムに不満を示すと同時に、いつかは古巣インテルに戻りたいとの思いを口にした。ロンドンで29日撮影(2021年 ロイター)

[30日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグ、チェルシーに所属するベルギー代表ロメル・ルカク(28)が、トーマス・トゥヘル監督のシステムに不満を示すと同時に、いつかは古巣インテル(イタリア)に戻りたいとの思いを口にした。

ルカクは8月、クラブ史上最高額の契約でチェルシーに復帰したものの、新型コロナウイルス感染やけがの影響で10月から9試合を欠場。ここまで公式戦7得点にとどまっている。

ルカクはスカイ・イタリアのインタビューで「イタリアでの2年間、インテルでトレーナーや栄養士と一緒にたくさん仕事をしてきたし、フィジカル的には問題ない」とし、「この状況はうれしいものではない。監督は別のシステムを選んだのだと思う。私にできることは、あきらめずに努力を続け、プロフェッショナルでいること」と述べた。

また、退団前の2シーズンで64得点を記録するなどして自身のキャリアを立て直せた古巣インテルには「晩年にではなくまだ高いレベルで戦える時期にインテルに復帰したいと心の底から思っている」と話し、「常に、私の心にはインテルがあると言い続けてきた。きっと戻ってプレーするだろう。イタリアが大好きなので、心からそう思っている」と続けている。

スカイ・イタリアはインタビューが行われた時期などについては明らかにしていない。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up