for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テニス=フェデラー、引退試合でナダルとダブルス 「特別なこと」

 引退を表明した男子テニスのロジャー・フェデラー(右)が、現役最後となる欧州選抜と世界選抜の対抗戦「レーバー・カップ」で、最大のライバルとして競い合ってきたラファエル・ナダル(左)とダブルスでペアを組んでプレーする(2022年 ロイター)

[ロンドン 22日 ロイター] - 引退を表明した男子テニスのロジャー・フェデラー(スイス)が、現役最後となる欧州選抜と世界選抜の対抗戦「レーバー・カップ(杯)」で、最大のライバルとして競い合ってきたラファエル・ナダル(スペイン)とダブルスでペアを組んでプレーする。

41歳のフェデラーは四大大会通算20勝を誇り、最も偉大な選手の1人と評価されている。複数回の手術を必要とした右膝の問題により、ロンドンで3日間開催されるレーバー杯で24年のキャリアを終えることを決めた。

23日にダブルスでプレーするナダルとは、これまでシングルスで40回対戦し、テニス界で最も観衆を魅了するライバル関係の1つとなってきた。フェデラーは今週、ナダルとプレーすることはキャリアを締めくくるのにふさわしい方法だと語っていた。

フェデラーは記者団に対し、「(全ての感情を)コントロールできるか分からないけど、頑張ってみる。今回は全く違う感情だ。ラファとプレーすることはスーパースペシャルなことなんだ」と格別の思いを口にした。

一方、ナダルも「この歴史的な瞬間に立ち会えることは、また違ったプレッシャーになるだろう。私にとっては素晴らしく、忘れられないものになるだろう。とても興奮している。素晴らしい瞬間を作れるかもしれないし、勝てるかもしれない」と語っている。

また、フェデラーとのライバル関係については「友好的なライバル関係であることをとても誇りに思っている。選手は自分のキャリアのために戦っているので、それは簡単なことではない。でも、同時に個人的な関係がプロフェッショナルなことより重要な時があることも理解することができた。明日は特別な日になりそうだ」と思いをはせた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up