for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テニス=地元期待のティアフォー勝利、アルカラスは大激戦を制す

 テニスの四大大会最終戦、全米OPは7日、ニューヨークで男子シングルス準々決勝を行い、第22シードのフランシス・ティアフォー(写真)がロシア出身で第9シードのアンドレイ・ルブレフにストレート勝利した(2022年 ロイター/USA TODAY Sports)

[ニューヨーク 7日 ロイター] - テニスの四大大会最終戦、全米オープン(OP)は7日、ニューヨークで男子シングルス準々決勝を行い、第22シードのフランシス・ティアフォー(米国)がロシア出身で第9シードのアンドレイ・ルブレフにストレート勝利した。

ティアフォーは第1セット、第2セットをともにタイブレークの末に7─6で奪い取ると、第3セットも接戦の末に6─4で制した。試合後には「今日は本当に良い感じで、自分のパフォーマンスを出すことができた」と話した。

また、第3シードのカルロス・アルカラス(スペイン)は第11シードのヤニク・シナー(イタリア)と対戦。こちらは大激戦となった。

アルカラスが第1セットを6─3で奪ったところから、シナーが続く2セットをいずれもタイブレークの末に7─6で奪って逆転。アルカラスは第4セットを7─5で奪い取って追いつくと、最終セットも6─3としてシーソーゲームを制し準決勝への進出を決めた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up