for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

F1=ルノーに2年間の猶予付き資格停止処分

 9月21日、国際自動車連盟はF1のシンガポール・グランプリで故意にクラッシュを起こしたルノーに2年間の猶予付きの資格停止処分を科した。写真はクラッシュを首謀したとして無期限のF1追放処分が科されたブリアトーレ氏。7月撮影(2009年 ロイター/Johannes Eisele)

 [パリ 21日 ロイター] 国際自動車連盟(FIA)は21日、昨年の自動車レースF1のシンガポール・グランプリ(GP)で故意にクラッシュを起こしたルノーに対し、2011年シーズン終了まで2年間の猶予付きの資格停止処分を科した。

 FIAはまた、このクラッシュを首謀した当時のチーム代表のフラビオ・ブリアトーレ氏を無期限の、当時のエンジニアリング部門のエグゼクティブ・ディレクター、パット・シモンズ氏を5年間のF1追放処分とした。両者はすでにチームの役職を退いている。

 ルノーは昨年のシンガポールGPで、フェルナンド・アロンソを優勝させるため、チームメートのネルシーニョ・ピケに故意にクラッシュを起こさせていた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up