for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

MLB=クレメンス元投手、薬物使用の偽証罪で起訴

 8月19日、MLBの元スター投手クレメンスが、薬物使用に関する偽証があったとして起訴された。写真は2008年2月に公聴会で証言したクレメンス(2010年 ロイター/Joshua Roberts)

 [ワシントン 19日 ロイター] 米大リーグ(MLB)元スター投手のロジャー・クレメンス(48)が19日、2008年の下院公聴会で禁止薬物の使用に関して虚偽の証言をしたとして、米連邦大陪審から起訴された。

 罪状は偽証と法廷妨害に関するもので計6件あり、すべてについて有罪となった場合、禁固30年と150万ドル(約1億3000万円)の罰金が科せられる可能性がある。

 クレメンスは引退後の2007年、MLBの薬物汚染の実態を調査した報告書「ミッチェル・リポート」で使用者としてリストアップされ、翌年に米下院の公聴会に召喚された。しかし証言では、ステロイドやヒト成長ホルモンなどの薬物の使用を完全否定していた。

 現役時代のクレメンスはレッドソックスやヤンキースなどで計24年間プレーし、通算354勝をマーク。サイヤング賞には歴代最多の7回、オールスターには11回選ばれるなど数々の功績を残し、45歳まで現役を続けた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up