for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

陸上=ボルト、ロンドン五輪後に走り幅跳びか400mに挑戦も

 8月24日、陸上短距離の世界王者ボルトが、ロンドン五輪終了後に走り幅跳びか400メートルに挑戦する意向を明かした。先月撮影(2010年 ロイター/Benoit Tessier)

 [マイアミ 24日 ロイター] 2008年の北京五輪で100メートル、200メートル、400メートルリレーと3冠に輝いたウサイン・ボルト(ジャマイカ)が、2013年にモスクワで開催される世界選手権で、走り幅跳びか400メートルに挑戦する意向を示した。24日にロイターとの電話取材で明らかにした。

 ボルトは、2012年のロンドン五輪で100メートルと200メートルの連覇を果たすことが第1の目標だとした上で、走り幅跳びか400メートルに挑戦するかは五輪後に決めたいと述べた。

 周囲からは400メートルが向いていると勧められるボルトだが、以前軽い気持ちでやってみた走り幅跳びで好記録が出たことから、引退前に1度挑戦してみたいと考えていたという。

 走り幅跳びの元世界王者マイク・パウエル氏(米国)は昨年、ボルトには1991年に自身がマークした世界記録の8.95メートルを更新できる素質があるとコメントしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up