for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

F1=イタリアGP、山本のマシンとメカニックが接触事故

 9月12日、自動車レースF1のイタリアGPで、山本左近(HRT)が操縦するマシンとメカニックがピットレーンで接触する事故があった。代表撮影(2010年 ロイター)

 [モンツァ(イタリア) 12日 ロイター] 12日に行われた自動車レースF1のイタリア・グランプリ(GP)の決勝レース中、山本左近(HRT)のマシンとメカニックがピットレーンで接触する事故があった。

 映像によると、事故に遭ったHRTのメカニックは、残りのピットクルーがマシンから離れた後も作業を行っており、山本がピットレーンから発進した際にリアウイングと接触して地面に倒れ込んだ。このメカニックは、駆けつけた救急車によって救護センターへ搬送された。

 HRTは、負傷したメカニックには意識があるとの声明を発表。山本は「ピットレーンでの事故がとても心配だった。彼が大丈夫か尋ねると、重傷ではないと伝えられた」と話している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up