for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

F1=ドイツの元共同オーナー、最高責任者エクレストン氏らを提訴

 8月19日、かつてF1の共同オーナーだった独メディアグループが、F1の最高責任者エクレストン氏(写真)らを相手取って提訴していたことが、英紙の報道で明らかに。4月撮影(2011年 ロイター/Tim Chong)

 [ロンドン 19日 ロイター] かつてF1の共同オーナーだったドイツのメディアグループ、コンスタンティン・メディエンが、F1の売却をめぐり、最高責任者バーニー・エクレストン氏らを相手取って提訴したことが、英フィナンシャル・タイムズ紙の報道で明らかになった。

 同紙によると、コンスタンティン・メディエンは、エクレストン氏と事業パートナーらが2005年に銀行を通じてF1を現オーナーの非公開投資会社CVCに17億ドル(約1300億円)で売却した際、価値を過小評価したと主張しているという。

 コンスタンティン・メディエンが7月にロンドン高等法院に提出した訴状によると、同グループはエクレストン氏らが世界で最大の人気を誇るモーターレースを安く売却したことにより、受け取るはずだった売却益を奪われたと主張している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up