for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=ドルトムント敗戦、香川は後半途中までプレー

 4月11日、サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガ、香川真司のドルトムントは3位ボルシアMGに1─3で敗れた。写真はドルトムントのユルゲン・クロップ監督(2015年 ロイター/Wolfgang Rattay)

[ベルリン 11日 ロイター] - サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガは11日、各地で試合を行い、香川真司のドルトムントは3位ボルシアMGに1─3で敗れた。香川は先発し、後半途中までプレーした。

3点のリードを許したドルトムントは、後半にイルカイ・ギュンドアンが決めた1点にとどまった。28試合を終えて、ドルトムントは勝ち点33の暫定10位。

岡崎慎司がフル出場したマインツは4位レーバークーゼンに2―3で敗戦。内田篤人のシャルケはフライブルクとスコアレスドローに終わった。内田はベンチ入りしたが、出場しなかった。

長谷部誠と乾貴士のアイントラハト・フランクフルトは首位バイエルン・ミュンヘンに0―3で敗れた。長谷部はフル出場。乾は後半に途中出場した。バイエルンのロベルト・レバンドフスキが2得点と活躍した。

2位ウォルフスブルクはハンブルガーSVを2─0で下した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up