for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=ポーランド監督「メッシ対レバンドフスキの試合ではない」

 サッカーのポーランド代表を率いるチェスワフ・ミフニェビチ監督(写真)は29日、W杯カタール大会1次リーグC組最終戦のアルゼンチン戦について「メッシ対レバンドフスキの試合ではない」と語った(2022年 ロイター/Gareth Bumstead)

[アルラヤン(カタール) 29日 ロイター] - サッカーのポーランド代表を率いるチェスワフ・ミフニェビチ監督は29日、ワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグC組最終戦のアルゼンチン戦について「(リオネル・)メッシ対(ロベルト・)レバンドフスキの試合ではない」と語った。

ミフニェビチ監督は記者会見で「これはポーランド対アルゼンチンの試合であり、メッシ対レバンドフスキの試合ではない。テニスのように1対1で戦い、誰がエースを決め、美しいロブを打つかという風に見るものではない。ロベルトにはチームメートが必要で、それはメッシも同じ」と語り、あくまでチームスポーツだと力説した。

また、メッシ対策については「この18年間、世界中が頭を悩ませてきたことだと思う。彼がプレーしている間に解決することはできないだろう。1人の選手ではメッシを止められないから、チームワークで対処する必要がある。その準備はできている」と語っている。

ポーランドは現在、勝ち点4で首位に立ち、引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まる。もし敗れた場合、同組の別カードでサウジアラビアがメキシコに勝利すると、敗退となってしまう。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up