for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=ブラジル代表FWネイマール、W杯で苦難の連続

 サッカーのブラジル代表FWネイマールは、W杯カタール大会に史上最多6回目の優勝を目指すチームの一員として参加しているが、これまでW杯では数々の苦い経験をしてきた。カタールのルサイルで24日撮影(2022年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[29日 ロイター] - サッカーのブラジル代表FWネイマールは、ワールドカップ(W杯)カタール大会に史上最多6回目の優勝を目指すチームの一員として参加しているが、これまでW杯では数々の苦い経験をしてきた。

2010年南アフリカ大会においては、当時18歳だったネイマールは所属チームのサントスで活躍し、代表デビュー戦でゴールを決めるなど華々しい代表キャリアのスタートを切ったが、当時のドゥンガ監督が本大会に招集することはなかった。

続く14年ブラジル大会は、母国開催のチームで5試合4得点と活躍し、攻撃のけん引役を担ったが、準々決勝のコロンビア戦で脊椎にひびが入る重傷を負い、涙で幕を下ろした。

18年ロシア大会では、ネイマールは右足首と第5中足骨を痛めていた影響で完全にフィットすることなく、ブラジルは準々決勝でベルギーに敗れた。

そして、今回のカタール大会では、セルビアとの開幕戦で足首の靱帯(じんたい)を損傷。スイス戦は欠場となり、チーム関係者によるとカメルーン戦にも出られる状況ではないという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up