for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スポーツ=F1=アストンマーチン、フェテルとの相性に自信

 自動車レースF1のアストンマーチンは、今季から加入のセバスチャン・フェテルとマシンの相性について自信を持っている。バーレーンのサキールで2020年11月に代表撮影(2021年 ロイター)

[ロンドン 3日 ロイター] - 自動車レースF1のアストンマーチンは、今季から加入のセバスチャン・フェテル(ドイツ)とマシンの相性について自信を持っているという考えを示した。

個人総合4回の優勝経験を持つフェテルは昨季までフェラーリでドライブしたが、ここ2年はミスも多く特に昨季は苦しんだ。最後の勝利は2019年のシンガポール・グランプリ(GP)。

テクニカルディレクターのアンドリュー・グリーン氏は、フェテルの仕事のスタイルや、特徴に合わせてマシンを調整することは可能だと述べた。

昨季までレーシングポイントの名称だったアストンマーチンにとっては、セルジオ・ペレス(メキシコ)の後釜になるフェテルだが、そのドライビングスタイルについて、グリーン氏は「ペレスほど極端ではないと思う。彼は全てのトラックで正しく走るのが困難だった」とコメント。

その上でグリーン氏はフェテルとチームの関係に関して「彼はキャリアのトップにいる。最高のドライビングを引き出せないなら、それは私たちの責任。彼をあるべき場所に立たせる自信がある」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up