for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=2018年W杯ロシア大会、11都市12会場で開催

9月29日、国際サッカー連盟は2018年W杯ロシア大会の開催都市を発表。11都市が選ばれ、首都モスクワの2会場など、合計12会場で行われることになった。写真は決勝が行われるモスクワのルジニキ競技場(2012年 ロイター/Maxim Shemetov)

[モスクワ 29日 ロイター] 国際サッカー連盟(FIFA)は29日、2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会の開催都市を発表。11都市が選ばれ、首都モスクワの2会場など、合計12会場で行われることになった。

このほかサンクトペテルブルク、カリーニングラード、ニジニーノブゴロド、カザン、サマラ、ボルゴグラード、ロストフ、ソチ、エカテリンブルク、サランスクが選ばれた。決勝は9万人を収容できるモスクワのルジニキ競技場で行われる。

FIFAのゼップ・ブラッター会長は「東欧、ロシアで開催される初めてのW杯であり、W杯史上最高の大会になるだろう。ここまでは10点満点」と、大会組織委員会の活動ぶりと、同地でのW杯開催実現に貢献し、支援者でもあるプーチン大統領に称賛を贈った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up