for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

五輪=女子フィギュア金のソトニコワ、団体メンバー落ちで奮起

2月21日、ソチ五輪のフィギュアスケート女子シングルで金メダルを獲得したロシアのアデリナ・ソトニコワは、団体戦のメンバー選考に漏れて奮起したことが結果につながったと述べた。ソチで20日撮影(2014年 ロイター/Alexander Demianchuk)

[ソチ(ロシア) 21日 ロイター] -ソチ五輪のフィギュアスケート、女子シングルで金メダルを獲得したアデリナ・ソトニコワ(ロシア)は、団体戦のメンバー選考に漏れて奮起したことが結果につながったと述べた。

団体戦でロシアは女子ショートプログラム、フリーともに15歳のユリア・リプニツカヤを起用。同選手は見事な演技を披露してロシアの団体優勝に貢献した。

17歳のソトニコワはロシアの団体戦金メダルが濃厚であると確信し、自身も出場を願っていたがメンバー入りがかなわず、「怒りを覚えた」と告白。しかしその失望を口に出すことなく、女子シングルでは必ず金メダルを獲得すると心に誓ったという。

ソトニコワのコーチは、団体戦のメンバー選考が二転三転し、結局出ないという結論に至ったとし、「選ばれなかったことは予想外だったが、結果として個人戦に集中することができた」と述べ、落選の不運が女子シングルで幸運に転じたとコメントした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up