for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スポティファイ、10年で売上高10倍の1000億ドルへ=投資家デー

 6月8日、スウェーデンの音楽配信大手スポティファイ・テクノロジーは、今後10年で年間売上高が1000億ドルに到達するとの強気の見通しを示した。写真はニューヨークで2018年5月撮影(2022年 ロイター/Brendan McDermid)

[8日 ロイター] - スウェーデンの音楽配信大手スポティファイ・テクノロジーは8日、今後10年で年間売上高が1000億ドルに到達するとの強気の見通しを示した。昨年の売上高は114億ドルで、これと比べると10倍近い増収目標。2018年の上場以来、初めての「投資家デー」イベントで表明した。

ダニエル・エク最高経営責任者(CEO)は、10年で粗利益率が40%に、営業利益率が20%に大きく上昇するとの見通しも示した。市場アナリストらからスポティファイの事業見通しや利益率見通しが懸念されていることを認めた上で、市場の懸念の払拭を図った。

同社は現状で粗利益率30─35%との長期目標を掲げているが、まだこれを達成できていない。ポッドキャスト事業とオーディオブック事業への積極投資などが足を引っ張っている。この点についてエク氏は、こうした投資が「恐らく予想されている以上に既に成果を出しつつある」と強調した。現在の粗利益率は28.5%と、長期目標に近づいているとした。

エク氏は、事業別の利益率ではポッドキャスト事業が40―50%、オーディオブック事業も40%を超える潜在力があるとの見通しも示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up