for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スポティファイの第4四半期は予想上回る増収、今後の需要は不透明

 スウェーデンの音楽配信大手スポティファイが2月3日に発表した2020年第4・四半期決算は、有料サービス会員の増加を背景に売上高が予想を上回った。2018年4月、米ニューヨーク証券取引所で撮影(2021年 ロイター/Lucas Jackson)

[ストックホルム 3日 ロイター] - スウェーデンの音楽配信大手スポティファイが3日に発表した2020年第4・四半期決算は、有料サービス会員の増加を背景に売上高が予想を上回った。一方、21年第1・四半期については、新型コロナ危機を巡る先行きが不透明で需要が見通せないとし、市場予想よりも控えめな見通しを示した。

同社株は約8%安で終了。一時10%ほど下げる場面もあった。

第4・四半期の売上高は17%増の21億7000万ユーロ(26億1000万ドル)。リフィニティブがまとめたアナリスト予想(21億5000万ユーロ)を上回った。

売上高の大半を占める有料会員は、前年比24%増の1億5500万人だった。アナリスト予想は1億5326万人だった。

月間アクティブユーザーは27%増の3億4500万人だった。

第1・四半期については、有料会員が1億5500万─1億5800万人と見込んでいる。アナリスト予想は1億6350万人。

売り下げ高予想は19億9000万─21億9000万ユーロ。アナリスト予想は22億3000万ユーロ。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up