for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スプリント、AT&Tを提訴 「5G巡り消費者の誤解招く」

[8日 ロイター] - ソフトバンク9984.T傘下の米携帯電話大手スプリントS.Nは7日遅く、第5世代移動通信システム(5G)を利用していると消費者の誤解を招くとして、AT&TT.Nを相手取り提訴した。

訴状によると、「5G E」というロゴの入ったAT&T携帯端末が400超の市場で確認され、実際は4Gネットワークを使うのに「5Gエボリューション」の呼称を用いているとした。

スプリントによると、AT&T利用者の54%が「5G E」について5Gネットワーク以上と認識し、43%のユーザーはAT&Tの機器を現時点で購入した場合、5G対応機種と受け止めるという。

AT&Tは争う方針を示し、5Gエボリューションと5GEインジケーターにより、ユーザーは標準的な第4世代通信網(LTE)比最大2倍の速度が利用できる地域にいるかが分かると説明した。

AT&Tのランドール・スティーブンソン最高経営責任者(CEO)はCNBCのインタビューで、「『5G E』ネットワークでの速度、性能の向上が確認できる上、これは『究極的な5G』に必要な一歩だ」と話した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up