May 29, 2019 / 2:29 AM / a month ago

スプリント傘下ブーストの売却価格、最大30億ドルも=買い手候補

[28日 ロイター] - ソフトバンクグループ(9984.T)傘下の米携帯電話大手スプリント(S.N)とTモバイルUS(TMUS.O)が合併に向けて売却を計画するプリペイド事業ブースト・モバイルに対し、複数の買い手が買収案を用意していることが分かった。評価額は最大30億ドルとなる可能性があるという。

 5月28日、ソフトバンクグループ傘下の米携帯電話大手スプリントとTモバイルUSが合併に向けて売却を計画するプリペイド事業ブースト・モバイルに対し、複数の買い手が買収案を用意していることが分かった。写真はブースト・モバイルの販売店。ニューヨークで20日撮影(2019年 ロイター/Shannon Stapleton)

買収を検討している企業の関係者がロイターに明らかにした。

米連邦通信委員会(FCC)のパイ委員長は前週、スプリントとTモバイルがスプリント傘下のブースト売却などいくつかの譲歩を提案したことを受け、両社の合併を承認するよう他の委員に伝える考えを示した。[nL4N22W3JM]

合併の実現には米司法省の承認も必要になるが、ブーストに関心を抱く企業はすでに買収案の準備を進めている。売却手続きの開始は司法省による合併審査後とみられている。

プリペイド事業Qリンク・ワイヤレスのイッサ・アサド最高経営責任者(CEO)は、プライベートエクイティ(PE)の後ろ盾を得て買収案を用意していることを明らかにし、18億─30億ドルを払う可能性があると話した。

コーエンのアナリストは今月、ブーストの顧客数を700万─800万人と試算し、無線の周波数帯や設備も取引に含まれた場合、45億ドル規模の案件になる可能性があるとの見方を示した。

プリペイド事業フリーダムポップのスティーブン・ストコルズCEOは、あるPEグループがブーストの将来の価値を約40億ドルと見込んでいると話した。

ストコルズ氏は、自社はブーストの買収を目指していないとした上で、買収案の用意を進めるPEグループに助言しているとし、同PEグループが買収に成功した場合、ブーストとフリーダムポップを統合するだろうとの見方を示した。

ブーストの創業者で、2004年に同社をネクステルに売却したピーター・アダートン氏も、ブーストを買い戻すことに関心があると述べた。評価額については言及を控えた。

スプリントとTモバイルのコメントは現時点で得られていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below