November 4, 2019 / 4:13 PM / in 9 days

スプリント、7─9月契約数は予想より小幅減 5G拡充に注力

[4日 ロイター] - 米携帯電話大手スプリントが4日発表した第2・四半期(7─9月)決算は、米国内で次世代通信規格「5G」網の拡充を進める中、月額払い(ポストペイド)契約者数が予想より小幅な減少にとどまった。

契約者数は9万1000人減少。ファクトセットのまとめたアナリスト予想は14万5000人減だった。

スプリントはアマゾン・ドット・コムのプライムビデオのコンテンツなどをバンドルし、米9都市で5Gサービスを展開する。

純営業収入は78億ドルと、前年同期の84億3000万ドルから減少し、リフィニティブのまとめたアナリスト予想の81億7000万ドルを下回った。

同社帰属の純損失は2億7400万ドル(1株当たり0.07ドル)。アナリスト予想は1株当たり0.02ドルの赤字。前年同期は1億9600万ドル(同0.05ドル)の黒字だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below