May 5, 2015 / 3:07 PM / 5 years ago

米スプリント1─3月期は減収、顧客獲得への割引が重し

5月5日、ソフトバンク傘下で米携帯電話3位のスプリントは、第4・四半期(1─3月期)は新規顧客獲得に向け積極的に割引プランを提供したことなどが響き、減収となったと発表した。最終赤字も前年同期から拡大した。写真は2014年11月、東京で(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[5日 ロイター] - ソフトバンク(9984.T)傘下で米携帯電話3位のスプリント(S.N)が5日発表した第4・四半期(1─3月期)決算は、新規顧客獲得に向け積極的に割引プランなどを提供したことが響き、減収となった。最終赤字も前年同期から拡大した。

純営業売上高は83億ドルと、前年同期の88億8000万ドルから減少。アナリスト予想は84億3000万ドルだった。

純損失は2億2400万ドル(1株当たり0.06ドル)となり、赤字幅は前年同期の1億5100万ドル(同0.04ドル)から拡大。1株当たり損失はトムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリスト予想と一致した。

契約件数は差し引き120万件増加。過去約3年間で最大の伸びとなった。前年同期は差し引き38万3000件減少していた。

2015年度通年の業績については、調整後の利払い・税・償却前利益(EBITDA)が65億─69億ドルになるとの予想を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below