Reuters logo
ソフトバンク傘下のスプリント赤字縮小、通年で営業黒字化予想
2016年1月26日 / 15:15 / 2年前

ソフトバンク傘下のスプリント赤字縮小、通年で営業黒字化予想

[26日 ロイター] - ソフトバンク(9984.T)傘下の米携帯電話大手スプリント(S.N)が26日発表した第3・四半期(10─12月)決算は、経費削減効果と契約件数の増加により、赤字幅が前年同期から縮小したほか、市場予想よりも小幅となった。

 1月26日、米携帯電話大手スプリントが10─12月期決算を公表した。写真はカリフォルニア州の同社店舗で昨年8月撮影(2016年 ロイター/Mike Blake)

3月までの1年間では営業損益ベースで黒字転換する見込みとした。

株価は26日序盤の取引で前日終値比約9%高で推移。年初から前日までに約21%値下がりしている。

後払いプラン(ポストペイド)契約数は50万1000件の純増で、前年の3万件から大幅に伸びた。現金および現金等価物の額は22億ドルと前四半期の20億ドルから増加した。

特別項目を除く1株損益は0.21ドルの赤字。市場予想の0.25ドルほど膨らまなかった。

純損益は8億3600万ドル(1株当たり0.21ドル)の赤字となり、前年同期の23億8000万ドル(同0.60ドル)から縮小した。

純営業収入は9.7%減の81億1000万ドル。市場予想は82億3000万ドル。

通年見通しについては、調整後利払い・税・償却前利益(EBITDA)が77億─80億ドルとし、当初の68億─71億ドルから引き上げた。営業損益は1億─3億ドルの黒字を見込む。当初は5000万─2億5000万ドルの赤字だった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below