for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スリランカ、債務再編巡り国際法律事務所選定へ 来月IMFと協議

[コロンボ 22日 ロイター] - スリランカ政府報道官は22日、同国の経済危機を巡る国際通貨基金(IMF)との協議に先立ち、国際法律事務所と契約を結び、債務再編について技術的な支援を受けると発表した。

スリランカの外貨準備は23億1000万ドルと、過去2年間で70%減少。年内に約40億ドルの返済義務があり、食料・燃料・医薬品など必要不可欠な物資の輸入も難しくなっている。

法律事務所の選定作業は、中央銀行総裁、外相、司法相が監督する。財務相は来月、IMFとの協議のため、ワシントンに向かう。

駐スリランカの中国大使は21日、スリランカに15億ドルの与信枠を設定することを検討しており、近く決定を下すと述べた。これとは別に、スリランカ政府が要請した最大10億ドルの融資についても協議を進めている。

同大使は、スリランカが今月18日に中国の国家開発銀行から5億ドルの融資を受けたことも明らかにした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up