for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スリランカ、きょうデフォルトへ 利払い猶予期間が終了

5月18日、スリランカは国債の利払い猶予期間が終了する同日に格付け会社からデフォルト(債務不履行)を宣告される見込み。写真は16日、コロンボでガソリンスタンドに行列する人々(2022年 ロイター/Adnan Abidi)

[コロンボ 18日 ロイター] - スリランカは国債の利払い猶予期間が終了する18日に格付け会社からデフォルト(債務不履行)を宣告される見込み。

2023年満期債と28年満期債について、4月18日の期限までに利払いができず、30日の猶予期間に入っていた。

格付け会社S&Pは既に同国債の格付けを「デフォルト」に引き下げ、猶予期間中に支払いが行われない場合、外貨建て債発行体格付けも「D」になる可能性があるとしている。

ウィジェセクラ電力エネルギー相は議会で、ガソリンを積んだ船が3月28日にコロンボの港に到着したが、政府はドルがないため支払えないと述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up