April 8, 2019 / 11:46 PM / 15 days ago

英スタンチャート、対イラン制裁違反容疑で10億ドル強支払いへ

 4月8日、英大手銀行スタンダード・チャータードは、米国の対イラン制裁に違反した容疑を巡って英米当局と和解するため、総額10億ドル強を支払う見通しだ。写真は同行のロゴ。トロントで2017年10月撮影(2019年 ロイター/Chris Helgren)

[ニューヨーク 8日 ロイター] - 英大手銀行スタンダード・チャータード(STAN.L)は米国の対イラン制裁に違反した容疑を巡って英米当局と和解するため、総額10億ドル強を支払う見通しだ。事情に詳しい関係者が明らかにした。

当局が調査しているのは、イランが支配するドバイの企業向けにスタンダード・チャータードが銀行サービスを提供した案件。当局は9日午前の和解を目指しているという。

支払額のうち1億3400万ドルは英金融行動監視機構(FCA)に罰金として支払われる。

この件についてスタンダード・チャータードはコメントを拒否した。司法省や首都ワシントンの司法長官事務所、連邦準備理事会(FRB)などの米当局と英FCAもコメントしなかった。

この問題はフランスの大手銀行BNPパリバに対する2014年の調査で発覚。BNPパリバは罰金として89億ドルを支払っている。

BNPパリバは、実質的にイランの事業体として運営されていたドバイ登記企業と取引。この企業がかつてスタンダード・チャータードに口座を開設していたという。

ドバイのスタンダード・チャータードの元銀行員2人も不正の疑いで捜査対象となっており、刑事訴追される可能性がある。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below