January 8, 2020 / 4:19 AM / 3 months ago

米スタバがオーツミルク飲料導入、ビーガン需要開拓で

 米スタバは7日、メニューにオート麦を原料とする植物由来代替牛乳であるオートミルクを使用した飲料を導入した。2016年10月撮影(2020年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[7日 ロイター] - 米コーヒーチェーン大手のスターバックス(スタバ)は7日、メニューにオート麦を原料とする植物由来代替牛乳であるオートミルクを使用した飲料を導入した。ビーガン(絶対菜食主義者)の代替乳製品需要の高まりに応え、市場を開拓する狙いがある。

この飲料は、米中西部の1300店舗で提供されるという。

このほか、米国とカナダでココナツミルクとアーモンドミルクを使用した新飲料を導入した。これらの材料を使用した飲料は、以前にも販売した実績がある。

健康や環境面での理由から牛乳を避ける消費者が増加しており、植物由来ミルクの人気が高まっている。

牛乳製品の販売は過去4年にわたって減少が続いており、米国では一部の大手酪農業者が破産を申請する事態となっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below