July 25, 2019 / 9:44 PM / a month ago

米スタバ、4─6月期は既存店売上高が3年ぶりの高い伸び 来客数増える

 7月25日、米コーヒーチェーン大手のスターバックス(スタバ)が発表した第3・四半期(6月30日まで)決算は、主要市場である米国と中国でのメニュー拡大が奏功して客足が伸び、全体の既存店売上高が3年ぶりの高い伸びとなった。都内で昨年8月撮影(2019年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[25日 ロイター] - 米コーヒーチェーン大手のスターバックス(スタバ)(SBUX.O)が25日に発表した第3・四半期(6月30日まで)決算は、主要市場である米国と中国でのメニュー拡大が奏功して客足が伸び、全体の既存店売上高が3年ぶりの高い伸びとなった。

2019年度通期の利益見通しも引き上げた。株価は取引終了後の時間外取引で約6%高の96.40ドルとなり、26日の通常取引で過去最高を更新する見通しとなった。

既存店売上高は6%増。アナリスト予想は4.04%増だった。既存店売上高は米州で7%増、中国・アジア太平洋地域で5%増。リフィニティブ/IBESがまとめたアナリスト予想はそれぞれ4.43%と3.45%だった。

総売上高は8.1%増の68億2000万ドルと、予想平均の66億8000万ドルを上回った。1株利益は0.78ドルで、予想の0.72ドルを上回った。

来客数は3%増えた。

エドワード・ジョーンズのアナリスト、ブライアン・ヤーブロー氏は「(来客数)はスタバが苦戦してきた分野だ」と指摘。「多くの投資家はいつ来客数が増えるのか疑問に思っていた。その点では良い四半期となった」と述べた。

同社は2019年度通年の既存店売上高の伸び率が4%と、従来予想の3─4%の上限になるとの見通しを示した。1株利益予想は2.80─2.82ドルに引き上げた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below