for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

再送-スタバ、1─3月売上高予想割れ コロナ抑制策が米国外の業績圧迫

(文中の誤字を手直ししました。)

[27日 ロイター] - 米コーヒーチェーン大手スターバックスが27日発表した第2・四半期(3月28日まで)決算は、売上高が市場予想を下回った。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に伴う感染抑制策や店舗閉鎖などが重しとなり、米国外での業績が振るわなかった。

引け後の時間外取引で、株価は約3%下落した。

伸びが大きい中国の売上高は前年同期比でほぼ倍増したものの、米国外の国際市場では35%増となり、リフィニティブのまとめたアナリスト予想の48.25%増を下回った。

米国で新型コロナワクチンの普及が進む中、米州の既存店売上高は9%増加した。

全体の売上高は11%増の66億7000万ドルで、予想の68億2000万ドルに届かなかった。

2021年度の売上高見通しは285億─293億ドルとし、従来の280億─290億ドルから上方修正。調整後の1株利益見通しも2.90─3ドルとし、従来の2.70─2.90ドルから引き上げた。アナリスト予想は、売上高が286億1000万ドル、1株利益が2.85ドル。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up