November 9, 2018 / 8:06 PM / a month ago

米FRB、「ストレス資本バッファー」の見直し検討=副議長

[ワシントン 9日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のクオールズ副議長(金融規制担当)は9日、将来の経済ショックに備えて銀行に確保を義務付ける「ストレス資本バッファー(SCB)」の内容について、あらためて提案する考えを示した。ワシントンで開かれた会合で述べた。

 11月9日、米連邦準備理事会(FRB)のクオールズ副議長(金融規制担当)は、将来の経済ショックに備えて銀行に確保を義務付ける「ストレス資本バッファー(SCB)」の内容について、あらためて提案する考えを示した。写真はFRB本部ビル。2012年8月にワシントンで撮影(2018年 ロイター/Larry Downing)

またクオールズ氏は、規制当局が年次のストレステスト(健全性審査)の主要部分を緩和すべきとも指摘した。この改定はFRBによるストレステスト手続き簡素化の一環。金融危機後に導入されたストレステストについて、銀行から大きな負担になるとの声が上がっている。

FRBは今年4月、これまでのストレステストを伝統的な銀行監督業務に合う形に移行させるほか、各銀行の特徴に応じた柔軟な条件を設定する取り組みとしてSCBを提案した。

ただ業界の要請を受け、クオールズ氏は銀行側にとってより簡素になるよう計画の一部について見直す意向を示した。

変更点については現在検討中で、今後の銀行監督体制をより簡素で予測可能な形にするという。

クオールズ氏はストレステストの方法について、複数の大幅な変更案に言及。例えば、銀行が資本計画を策定する前の段階でFRBにどのような評価を受けたかについて、当該銀行が把握できるようにするといった案が含まれた。現在は、銀行はFRBに資本計画を提出後、FRBが計画を承認したか拒否したかを公表される形となっており、銀行側に負荷がかかっていた。

クオールズ氏はこのほか、SCBの一部として提案したレバレッジに関する要件の撤回を検討していることや、現在では銀行が十分な資本準備を積んでいることからストレステストを受けたボラティリティーを低減させるよう取り組んでいるとも述べた。

同氏は現行のストレステストについて、FRBが「質的」理由から銀行の資本計画に反対できる規定を撤廃することに支持を表明。質的審査によってFRBは、銀行の資本水準に問題がなくても経営上の懸念を理由に銀行を不合格とできるなど、判断の余地が大きいことから、銀行側はかねてより、同プロセスが不透明で恣意(しい)的だと批判してきた。

FRBは6月、ストレステスト第ニ弾となる質的審査を含む包括的資本分析(CCAR)でドイツ銀行(DBKGn.DE)の米子会社が不合格となったと発表。資本計画の管理に「幅広く重大な不備」があるとの判断を示していた。

銀行側はストレステストの想定シナリオが非現実的なほど厳しくなっており、不必要に資本上の負荷をかけていると不満を訴え始めている。

クオールズ氏は、FRBはストレステストのモデルやシナリオについて銀行側との情報共有を拡大する可能性について検討していると表明。FRBは従来、銀行に多くの情報を与えれば、銀行がリスクを低減することなく合格する方法を見いだすことになるとして、消極的姿勢を示していた。ただ、クオールズ氏は、FRBが詳細な調査を行えばそのような事態は回避できると主張した。

「銀行が結果を操作できるという見方について、私はこれまで一貫してやや懐疑的に感じてきた」と述べた。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below